個人輸入、一般(商業)輸入、小口輸入の違いは?

編集者:CIC中国荷物転送 公開日時:2023-12-23


輸入販売ビジネスの世界は、その形態の多様性により、初心者にとって理解しにくいものかもしれません。

特に、「個人輸入」、「一般(商業)輸入」、そして「小口輸入(商業輸入)」という三つの主要な輸入形態は、各々異なる特徴とルールを持っています。

この記事では、これらの輸入形態の違いを明確にし、それぞれの特性を理解することで、より効果的な輸入戦略を立てるための知識を提供します。


個人輸入とは?

個人輸入は、その名の通り、個人の使用目的で商品を海外から輸入することを指します。例えば、海外のウェブサイトで見つけた特定の商品を個人的な使用や趣味のために購入する場合、これは個人輸入に分類されます。個人輸入の最大の特徴は、主に非商業的な目的で行われる点です。また、関税計算においては、海外の市場価格の60%に基づいた関税率が適用され、課税対象額が1万円以下であれば関税と消費税が免除されることが多いです。


一般(商業)輸入とは?

一般(商業)輸入は、商業的な目的、すなわち販売やビジネスのために行われる輸入を指します。この形態の輸入は、主にビジネスオーナーや企業が行い、大量の商品を輸入することが一般的です。商業輸入では、商品の市場価格の100%に基づいた関税率が適用され、送料や保険費用も関税計算に含まれます。商業輸入は、法規制や税制の面でより複雑な手続きを要求されることがあります。


小口輸入(商業輸入)とは?

小口輸入(商業輸入)は、商業目的で行われる輸入の中でも、比較的少量の商品を輸入する形態を指します。この輸入形態は、主に個人や小規模のビジネスオーナーが第三者に販売する目的で行われます。小口輸入の特徴は、大量の商品を扱う一般商業輸入とは異なり、より小規模な輸入量であることです。関税計算も一般商業輸入と同様に、商品の市場価格の100%に基づいて行われます。


個人輸入と商業輸入の違い

個人輸入と商業輸入の最大の違いは、輸入の目的にあります。個人輸入は非商業的な目的、つまり個人の使用や趣味のために行われるのに対し、商業輸入は販売やビジネスのために行われます。また、関税計算においても違いがあり、個人輸入では課税対象額が1万円以下であれば関税と消費税が免除されることが一般的ですが、商業輸入では商品の市場価格の100%に基づいた関税率が適用されます。


個人輸入と小口輸入(商業輸入)の違い

個人輸入と小口輸入(商業輸入)の違いは、輸入の目的にあります。個人輸入が非商業的な目的で行われるのに対し、小口輸入は販売目的で行われます。したがって、たとえ少量であっても、輸入した商品を販売することは商業輸入に分類され、法規制や税制の面で異なる取り扱いが必要です。また、税関では個人利用と商業利用の目的を区別するのが難しく、価格、数量、頻度などに基づいて個別に判断されます。


結論

個人輸入、一般(商業)輸入、小口輸入(商業輸入)は、それぞれ異なる特徴とルールを持つ輸入形態です。これらの違いを理解することは、効果的な輸入戦略を立てる上で非常に重要です。輸入を行う際は、目的や規模、法的な要件を慎重に考慮し、適切な形態を選択することが必要です。


後の記事:タオバオ、アリババ以外の中国仕入れ先は?